ヒット広告の裏側

和のやすらぎ枝様

専門的な講座内容を一般向けにアレンジ。満員御礼の大ヒットに!

過去や幼少期の記憶を紐解き、悩みや不安を解決へと導く「ヒプノセラピー(催眠療法)」を用いたカウンセリングを行う『和のやすらぎ 枝』様。潜在意識に働きかけて心の悩みの根本の原因を探るヒプノセラピーは、アメリカでは医学として認知され、医療やスポーツなど幅広い場面で用いられている。『和のやすらぎ 枝』は、その催眠療法の日本での普及に努める日本でも数少ない専門機関だ。
2008年から定期的に弊誌へ広告掲載をいただき、最近では9月号にて、「心の悩みの勉強会」と題した一般向けセミナー告知を掲載。定員をはるかに超える申込みがあり、ヒット広告となった。

目的 「ヒプノセラピー」のPR拡大、新規受講生の集客
掲載号 2011年9月号フリー広告1P
広告効果 定員の倍以上、約70名の申込みがあり、急きょ第2回目も開催。延べ100名以上の申込みを受けた。2012年2月には第3回目として「心と悩みの相談会」を開催予定。


『和のやすらぎ 枝』PR戦略3つの特徴

1.一般女性の心に響くPR手法
「ヒプノセラピー」という専門的な表現を減らし、「心と悩みの勉強会」という誰もが気になるセミナータイトルをつけることで、より広く一般女性へのアプローチを実現。

2.誌面で興味を引き、詳細は公式HPへの流れを確立
誌面で情報を広く届けることで、HPへのアクセス数が通常の3倍にアップ。「心と悩みの勉強会」という検索キーワードで誌面と同じデザインのWebページがヒットするようにし、誌面を見て気になった人がすぐにアクセスしスムーズに申込みできるよう工夫した。

3.多くの人に来てもらえる価格設定
催眠療法の考え方を多くの人に広めるため、利益ではなく集客を目的にしてセミナー料金を1,000円に設定。より多くの人に足を運んでもらうきっかけをつくり、結果的に複数回の開催に成功。


クライアントの一言
「ヒプノセラピー」「催眠療法」という言葉は日本ではまだまだ認知度が低く、残念ながら新規の受講生を集めるのはまだ難しいのが現状です。これまでは「ヒプノセラピー」という言葉を全面に出して広告を出稿していたのですが、催眠療法を知っている人以外はなかなか集客できないということもありました。
何とか皆さんに分かりやすく、受け入れやすい形で催眠療法を広める機会をつくることができないかと考え、企画したのが今回のセミナーでした。専門的な講座内容よりも「心と悩み・なぜ人は悩むのか」という誰しも気になるテーマを主題にして、多くの方に関係のあるセミナーだと受け取っていただけるようにと考えました。さらに、できるだけ参加しやすいように参加費は1,000円に設定。まずは気軽に来ていただくことを念頭に置きました。
そうやって企画したセミナーを、いざPRするために選んだのがアヴァンティでした。数年お付き合いさせていただく中で、読者層もセミナーに来ていただきたい生徒像と合致していましたし、誌面のつくりもしっかりした、信頼できる媒体だと思ったからです。最初はチラシの挟み込みをと思っていたのですが、担当の方からのおすすめもあって誌面に1ページで掲載し、インパクトのあるPRを行うことができました。掲載後すぐにHPへのアクセスが3倍に伸び、定員オーバーでお断りをしなければならないほどのお申込みをいただきました。受講された方の中には初めて参加したという方もとても多く、たくさんの方にヒプノセラピーを伝えることができたようです。
アヴァンティに掲載したことで、心と悩みに関するセミナーが女性の方々にこんなにも需要のあるものなのだと改めて認識しました。おかげさまで当初は予定していなかった第2回目も開催でき、とても盛況でした。第3回目は「心と悩みの相談会」を予定しており、今後もこのような活動を続けていきたいと実感しています。これからも、今まで以上にヒプノセラピーを知ってもらえるチャンスを増やしていきたいと考えています。
和のやすらぎ「枝」代表 大塚朋江さん


担当スタッフの一言
今回は「ヒプノセラピー」をより一般向けに分かりやすく伝えるセミナーだったので、チラシで限定的なエリアにしぼってPRするよりも、14万5,000部発行するアヴァンティに掲載して広くご紹介したほうがよいと思い、誌面をご提案しました。誌面に載せて記事として読んでもらえるよう、アヴァンティの読者層に合うようなセミナーのリード文を一緒に考えたり、セミナー会場の住所やアクセス方法を記載するなどして、多くの方にお申込みいただけるよう工夫しました。



カウンセリングルーム 和のやすらぎ「枝」
http://www.wanoyasuragi-eda.jp/

和のやすらぎ「枝」ヒプノスクール
ホリスティックヒプノラボBrunch
http://www.hypno-branch.jp/

TEL:092-939-0658
福岡県糟屋郡粕屋町長者原298-3-703
媒体資料PDFを見る

トップへ戻る


媒体ターゲット層

avanti 電子ブック版

日本フリーペーパー大賞「審査員特別賞」受賞しました!