お客様の声

過去のお客様の声へ ヒット広告の裏側へ
業種:
ヨガスタジオ
  使用媒体・制作物等:
情報誌アヴァンティ
イベント
avanti online
メルマガ
レディカル福岡
印刷物
HP制作
『スタジオゼロ』 代表 中村睦美 様

ヨガスタジオオープンのPRで
100名以上が体験レッスンに来店!

『スタジオゼロ』 代表 中村睦美 様

暖かいスタジオで緊張している腱や筋肉をゆるめ、ストレッチ効果を得ることができるというローホットヨガスタジオを2013年10月にオープンした『スタジオゼロ』の代表中村さん。
自身が経験し、実感したヨガのすばらしさを伝えるため、また体に負担をかけすぎることのない「ローホットヨガ」を広めるために大名にスタジオを設立した。オープンして約4ヶ月。すでに満席のクラスも多く、働く女性はもちろん、男性も通う人気のヨガスタジオへと成長した。そんな秘訣を中村さんに伺った。

掲載
1)情報誌「avanti」2013年12月号、2014年1月、2月、3月号に情報掲載
2)福岡の働く女性のための情報サイト「avanti online」内でも情報掲載
3)メールマガジンにて情報発信

媒体・制作物

―貴スタジオについて教えて下さい。

「働く女性が、ストレス社会の中でも、心と身体の調和や平静さを保てるように」という願いをこめて、ローホットヨガスタジオ『スタジオゼロ』をオープンしました。忙しい毎日だけど、たまには自分の身体に優しい時間をとってもらえたら、とオリジナルのプログラムで美しい姿勢・身体はもちろん、メンタル面での心の平穏も最大限に引き出すようにしています。

―感じていた課題は何でしたか?

オープンするのは決めたけど、告知をどうしようかと迷っていました。チラシをまくのか、ポスティングを頼むのか、はたまた広告をするのか・・・。どうすれば、他のホットヨガとは違う「ローホットヨガ」の本質を伝えられ、集客ができるものかと悩んでいました。

―アヴァンティへの掲載を決めた理由を教えてください。

オープンにあたり、同じビルに入居するレストランオーナーさんとお話をしたときに、「それならアヴァンティがいいですよ」と教えていただいたんです。その方もオープンのときにアヴァンティに掲載して集客したということでした。担当の方を紹介していただいて、本をじっくり読んでみました。

記事の内容や、デザインなどから他の媒体との違いをすぐに感じることができ、「掲載しよう」と思いました。紹介がなければアヴァンティのことを知らないままでした。

―オープンの12月から、継続で掲載をされた理由は?

まずオープン後に集客をするのが最初の12月の目的でした。そこで10日間通い放題チケット3,500円というかなりお得な体験チケットを用意しました。その結果、100名以上の問合せと体験レッスン受講に至り、入校へも順調につながりました。

しかし、もう一つの目的であった「ローホットヨガ」の特長をもっと多くの人に知っていただくことこそが、今後の集客に大きく関わると、アヴァンティの担当者と話すうちに思い至り、1月号ではインストラクターを通してヨガへの想いを伝える取材企画に掲載をしました。これは正直にいうと、直接の集客は弱かったのですが、ローホットヨガのことやヨガに対する想いをきちんと伝えることができ、スタジオ内に掲示をしたりして「ローホットヨガ」のことを知っていただくツールとして活用できました。

2月号、3月号とも掲載しましたが、その都度視点を変えた表現を制作してもらえたので、とても満足のいく記事内容でした。継続して掲載することで、もう一つの目的だった「ローホットヨガ」の特長がだんだん世間に浸透していくことを実感できましたし、入校に結びついたと思っています。

―誌面だけでなく、web掲載・メルマガ配信もご活用になられました。

最初のご提案のときに、誌面だけでなくwebとメルマガのセットでのご提案がありました。最近、webで情報を取得する人も多いとの話で、お得な価格で広くPRする方法としては有効なのではないかと考えてお願いしました。
結果、Web・メルマガのアクセス数もかなりよかったと伺いましたので、そこからの集客も実現できたのではないかと思います。

―今後の、御社の展望をお聞かせください。

より多くの女性たちに、身体のメンテナンスをする習慣を身につけていただけたらと思っています。さらに、女性たちだけでなくこれからリタイアする男性や団塊の世代の方たちにも、身体を動かす機会が増えればと考えています。実は、アヴァンティを見たといって、定年間近の64歳の男性が今度体験にこられるんです。アヴァンティの読者は働く女性ですが、それ以外の方も読まれて、反響があることにびっくりしました。そういった方々への健康の啓発もおこなっていければと考えています。
「スタジオゼロ」PR戦略2つの特長

1)継続掲載をすることで、集客と想いを伝えることに成功。
2)誌面・web・メルマガのセットプランでオトクに広くPR。

スタジオ0(ゼロ)
http://studiozero-fukuoka.com/
媒体資料PDFを見る

トップへ戻る


媒体ターゲット層

avanti 電子ブック版

日本フリーペーパー大賞「審査員特別賞」受賞しました!